つむじが薄い!大学生がつむじ薄毛を治す方法は3つある!

大学生になりつむじが薄いと気づいたら、治す選択肢は3つです。
あとで述べますが、一番低予算でつむじの薄毛を治すなら育毛剤になります。

 

改善の効果が大きい順番で並べると

  1. AGA専門のクリニック
  2. 育毛剤
  3. 皮膚科

となります。
2010年以降、育毛剤の効果が進化して皮膚科で治療するより育毛剤を使うほうが改善率が高くなったことが大きな変化ですね。

 

AGA専門のクリニックでつむじの薄毛を治す

AGAクリニック

 

  • 年齢が20歳以上の大学生ならAGA専門のクリニックの治療が受けられる
  • 予算はだいたい毎月20,000円~30,000円
  • なくなった頭髪をもとに戻す。髪を発毛させる

※20歳未満でも診察はしてもらえますが、親の同意書が必要なのと、フィナステリドやミノキシジルなどAGA治療に必須の薬が処方されません。(法律で未成年への処方が禁止されています)

 

治療内容はどのクリニックでもほぼ、下記3つ

 

  1. フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの内服
  2. ミノキシジルの外用薬(育毛剤)の使用
  3. 育毛サプリメントの使用

 

1と2の治療はAGA治療の基本。
ミノキシジルの内服薬での治療は皮膚科では受けられない治療です。ミノキシジルの育毛剤を使うよりもより高い効果が得られます。

 

そして、AGA専門のクリニックでの治療のかなめとなるのが、育毛サプリメントの使用です。
育毛サプリメントは、ただ栄養バランスを整えるという理由で使用するのではなく、フィナステリドやミノキシジルの効果を高めるためにも使用されます。

 

ここが、皮膚科でなくAGAクリニックで治療を受ける大きなメリットになります。
育毛サプリメントがあるとないとでは発毛効果が大きく違い、ただの現状維持にとどまらない満足できる髪を復活させることができます。

 

都内にあるメンズヘルスクリニックを例にとると、検査、診察、食生活・生活習慣アドバイスを除くと下記の通り、

 

  • 「フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの内服」
  • 「ミノキシジルの外用薬(育毛剤)の使用」
  • 「育毛サプリメントの使用」

 

の3つが主な治療内容だとわかりますね。

AGAクリニックの治療内容

皮膚科

皮膚科は特に場所を選ばず、どの地域でもあるのでAGAクリニックのない地域に在住の人でも利用できるます。
特徴は・・

 

  • 皮膚科にいけばいいので、近くにAGAクリニックがない人も通える
  • 予算は毎月10,000円~15,000円
  • 効果は薄毛の進行を遅らせる、もしくは現状維持が精一杯

 

治療方法は、プロペシアの処方とミノキシジルの外用薬(育毛剤)のみです。
また、診察といっても、担当医がちょこっと患者の頭をみて薄毛の進行度合いを見る程度です。

 

診察の内容も病院や担当医でまちまちで、「じゃあ薬出しときますね。なくなったらまた来てください」といわれて終わりのケースもちらほら。

 

 

保険が効かない治療なのでそれなりにお金が取られるわりに、改善の効果は思ったほど期待できないのが現実。

 

 

また、未成年の大学生の場合、診察はしてもらえますが薬すらもらえません。
※プロペシアとミノキシジルは未成年への処方を禁止されているため

 

「とりあえず、現状維持できればいい」という人は皮膚科の診察を受けてみましょう。

 

育毛剤でつむじの薄毛を治す

チャップアップ育毛剤

  • 20歳未満の大学生でも自宅でAGAの治療ができる!
  • 予算は育毛サプリメント付きで月10,000円未満
  • つむじ周りに頭皮がスカスカに見えきたぐらいの症状なら回復できる!
  • 育毛サプリもついているため、AGAクリニックに近い治療が自宅でできる!

 

2000年代は「AGAはお医者さんで治療」なら、2010年代は「AGAは育毛剤で治療」になったと言えるでしょう。

 

特にAGA抑制成分の入った育毛剤が人気があり、つむじ周りが少しスカスカになってきた程度なら育毛剤のみで回復できるようになってきました。
また、人気のある育毛剤は育毛サプリメントもついており、AGA専門クリニックと同じように育毛剤の効果をより高める効果もあります。

 

そして、未成年が使用できない化学成分も配合されておらず、すべて副作用のない天然成分で作られているため20歳未満の大学生でも使用できるのも嬉しいですね。

 

つむじ周辺の薄毛に強いのはチャップアップ

 

育毛剤選びで注意してほしいのが、どのメーカーがどの部位の薄毛に強いかを調べることです。
育毛剤はこの10年でかなり進化しましたが、薄毛の場所によって効果があるものとないものがあります。

 

つむじ周りが薄い場合はチャップアップの使用がベストです。チャップアップの効果

出典:高校生つむじハゲ

 

使用後半月で抜け毛が大きく減少して、30日以内には髪の発毛を確認できている使用者が多いです。

 

上記画像の場合は、つむじの薄毛がかなり進行した例ですが、150日目と180目ぐらいの初期段階であれば、3ヶ月程度で頭皮の見える面積がかなり小さくなっているのがわかると思います。

 

チャップアップには、オウゴンエキスを始めとしたプロペシアと同じ効果を持つ育毛成分が育毛剤で最多の4種類配合されており、ミノキシジルと同等の効果のあるM-034という成分も配合されています。

 

つまり育毛剤1本で、プロペシアとミノキシジルの役割をはたすことができるのです。

 

このようにAGAクリニックにいかなくても自宅で育毛剤の使用のみで、つむじの薄毛を治すことも可能です。

 

また、チャップアップは購入から30日以内であれば使用後も全額返金ができます。
AGA対応の育毛剤で効果がある人は30日以内に効果を実感できることが多いので、見方を変えると30日以内に効果がなければ返金して無料で試せるということになりますね。

 

 

つむじ周りが薄くて困る。つむじ周りがスカスカで周りからの視線が気になる人は多くいます。特に後頭部のつむじ辺りからの薄毛はAGAの原因であるジヒドロテストステロンによる影響がとても大きくでるところです。そこで、皮膚科やAGAクリニックに行く人は多くいますが費用が結構たかつくことが多いですね。毎月数千円の単位なら、大学生でも頑張って支払えますが、毎月万単位のお金はなかなか大学生に支払い力はりません。もちろん、バイトをかんばればできないことはないですが、せっかくの大学生生活を育毛ことばかりにお金を使いたくないですよね?つむじが薄い場合、皮膚科やAGAクリニックに行くのが理想ではありますが、今は自宅でクリニックのような治療を自分で対策することも可能な時代になりました。育毛剤とサプリメントが特に重要です。そして、つむじ周りの薄毛は前頭部(生え際)の薄毛と違って比較的治りやすいのが特徴です。早く対処すればそれだけ早く回復できるので、正しい方法でつむじ周りの薄毛を回復させましょう。